« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

還ってきたデニム

060429_2048_1 一昨年のお正月に買ったデニムがやっと私のもとに還ってきました。

Private Lavelの七分丈デニム。

おしりのポッケの部分がハートになっていてとってもカワイイのです。

今年に入って見た瞬間一目ぼれ。

試着してみると、少々きつい・・・(・Θ・;)

太もものところがピッチピチ。

でも欲しいのー。欲しいのー。

そしたら店員さんがデニムは穿いていくうちに馴染んできますカラ(^^)ニコ

との助言もあり、お年玉で買ってしまいました。

お家へ帰って早速穿いてみることに。

あぁ、やっぱりピチピチ・・・

でも早く馴染んでほしいな。

と思って軽くストレッチ。

そして、思いっきり屈伸した瞬間・・・

ビリっ!!

と音がしたのですよ。

お尻の辺りから。

イヤ~~~な予感がしてお尻を見ると・・・( ;¬_)ジーーーッ

割れてるーーーーーー!!

イヤ、お尻はもとから割れてる。

破けてるーーーーーー!!

きれいに真っ二つに破けてるぅーーーーーーー!!=( ̄□ ̄;)⇒

布が裂けていました。

買って1時間でデニム死亡_| ̄|○

半泣きになってお店へ駆け込んだら快く交換してくれました。

なんていいお店なんだ。

そして、もぅ絶対破かないと心のに誓って大切に、大切にそれはそれは赤ん坊を扱うかのように優しく穿いていました。

しかし、再び事件はやってきたのです。

お正月に買ってから順調に春・夏とこのデニムを穿いてきました。

そして秋。

わたしはデニムを破いたことなどすっかり忘れていました。

そして、私は秋から少しずつ太っていっていました。

ついに事件がおきたのです。

忘れもしない、たんすの一番下の引き出しを引こうとした瞬間、

ビリっ!!

・・・・もぅ直視できませんでした(;¬_¬)

・・・・現実を受け入れたくありませんでした|(-_-)|

そして、再びお店へ駆け込みました。

もぅ、在庫がないということなのでお直しということに。

ひどい破け方なので工場でしか直せないとのこと。

元に戻すのは難しいかもしれません、と店員さんに告げられたけど、

それでもいいので直してください!とお願い。

そうして今やっとこさ戻ってきてくれたわけです。

2回もデニムを破いた女は滅多にいないことでしょう。

それから、デニムを買うときは家族中に「また破くんじゃない?ワンサイズ大きいほうがいいんじゃない?」って言われます。

大きなお世話だーぃヾ(。`Д´。)ノ彡

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ボーダーがアツイ!!

最近買い物に行くと、ボーダーに吸い寄せられそうです。

ボーダーばかりに目が行ってしまいます。

昨日もOZOCでボーダーのニットを二枚も買ってしまいました。

一つは半袖ヘンリーネックのグリーンのボーダー。

もう一つは、キャミのカタチをしたネイビーのボーダー。

こんなのだよーって見せたいのに、

パソコンがご機嫌ナナメのようで、画像がアップできません_| ̄|○

悲しい・・・; ̄ロ ̄)!!

どちらも2000円とお財布に優しいお値段♪♪

いっぱい着まわしたいと思います( ´艸`)

あと、ディズニーのビーサンも買いました。

右足がデイジーで左足がドナルド。

400円ととってもチープ。

コレをはいて海に行きたいデス。

早くもっとあったかくなあれ~♡

んもぅ!画像がないと伝わらないじゃん\(*`∧´)/

字ばっかりの記事だとつまらないじゃん!

早くパソコンのご機嫌がなおってくれることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星の王子様

「愛とは、互いに見つめ合う事ではなく、共に同じ方向を見つめる事である。」

星の王子様の作者、サン・テグジュぺリの有名な言葉です。

実は、これを初めて聞いたのは前の彼氏と別れるとき。

ゆんは振られたのだけれど、そのときに言われた言葉なのです。

あと、ゆんの大好きな岡田准一くんも恋愛について語ってるときこの言葉を引用していました。

ゆんの中でも印象的な言葉としてずっと覚えていました。

確かに、見つめ合うことも大切やけど、同じ方向を向いていないと前に進めないもんね。

前に進んでお互いが成長していくことが大切だもんね。

そんなゆんにも、共に同じ方向を見つめていきたいと思う人ができました。

ゆんは就活中なのであまり頻繁に会うわけにも行かないけれど、ゆっくりマイペースでもいいので、大切にしていきたいと思いマス。

実はこうして、ブログで報告するの夢だったんだー(笑)

他のいろんなブログ見て、「彼氏ができましたー♡」って報告してる記事よんで、いつも

イイナ、イイナーって羨ましかったんだー(〃´・ω・`)ゞ

夢が叶った♡

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ありがとうって言いそびれたヤツいる?

「ありがとう」って言いそびれたヤツついる?

何もいわずにコレを見て。

ゆん、号泣しちゃった。

危うくパソコン水没させるところやった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ありがとうっていう言葉、大切に使いたいね。

普段あたりまえにいる存在が突然いなくなるときってどうしようもなく辛くて悲しい。

もっと、あんなことやこんなこと、してあげられたんじゃないかなって考える。

ありがとう、って言える間に言っておこう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マディソン郡の橋

おひさしぶりです。

みなさん、最近泣いていますか?

ゆんは、泣くことによってストレスを出している部分があるような気がします。

泣いた後って、なんだかスッキリするんです。

プハァ~(;´▽`)==Эって。

だから、ゆんは泣きたいとき用のDVDを持っています。

今日は泣きたい気分って時はこのDVDを見ます。

そのDVDの名は「マディソン郡の橋

1995年に製作のクリント・イーストウッドとメリル・ストリープが主演の恋愛映画です。

アイオワ州マディソン郡に屋根つき橋の写真を撮りに来たフォトグラファーと、そこに住む小農場の

主婦。二人はごく自然に恋に落ち、わずかな時間の中で完璧なまでの愛を確かめ合い・・・そして別れていく。

ってなカンジのストーリー。

ま、一言でいっちゃ不倫です。( ̄▽ ̄;)!!

でも、これはただの不倫ではないの~。

真実の愛だと、ゆんは思うわけです。

この映画との出会いは、大学の図書館。

授業の暇つぶしに何げなく見たら、号泣。(T_T)

図書館だと言うのに、号泣。(T_T)

途中寝ちゃった部分もあったのに、号泣。(T_T)

早速DVDを購入して、繰り返してみること早4回。

全回泣きましたカラ!

ティッシュ一箱使いましカラ!←言いすぎ。

みなさんも、お時間があれば、是非一度見てください=*^-^*=

泣けます。泣けなかったら料金はお返しします。

ウソです。

一番ゆんが心に残っているセリフ。

クリント・イーストウッドのセリフ。

僕の今までの人生は

君と出会うためのものだった。

・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

ハイ、もう一度。

僕の今までの人生は

君と出会うためのものだった。

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

はぁ~、こんなセリフ一度でいいから言われてみたい。

むしろ、言いたい。

そう思える相手と出会えることはとてもすばらしいことだと思いました。

たとえ、数日間でも全身全霊で人を愛するということはすばらしいことだと思いました。

愛って、深いね。

お・わ・り。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »